• スポンサーサイト
  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • 今更書く事になりますが・・・
  • 最近腰痛が酷くて、整体のお世話になっています。

    季節の節に結構起こるんですよね・・・

    座っているだけでも痛いわけで・・・

    こうなるのもバドミントンを始めてからですね。

    1年の6月にあまりにも痛くてちょっと腰を曲げるだけでも痛みが走りました。

    今はちょっと動かすぐらいなら痛くはありませんが。

    フォームが悪いのか、合っていないのか・・・







    東北での地震から1週間+1日。

    もうそろそろ現在11時45分だから、実質書き上げるのは1週間+2日になるでしょうね。





    地震が起こった日は家族共々テレビを見ながら驚愕していました。

    津波に飲まれていく町の光景は現実とは思えませんでした。

    地震の強度にも驚きました。

    以前スマトラ沖地震の光景もニュースでも見たことがありますが、

    あれ以上に酷い、と思いました。



    まあ、でもあの時よりは驚愕の度合いが全く違います。



    今回の場合、こんなことが同じ国で起こっているのかよ・・・って感じでした。

    かなり身近な所で大災害が起こっているっていうのもありますね。



    小学生の頃に起きて全世界で報道された大事件はありましたが、

    その時は現場と同じ国でも相当距離が離れていたせいか、

    遠くに起きた事件と受け取っていましたが・・・

    しかし、岡山と東北なんて結構近いもんです。

    (日本は狭いと言われているものの実際世界ではそれなりに国土が広いから近いと言うのも、どうかとは思いますが・・・)

    それだけの距離で想像を絶する被害が起きていて、驚くばかりです。





    その後、長野、静岡と少しずつ西に来ているんじゃね?という不安が。

    静岡に親戚が住んでいるから少し不安なんですよね・・・

    たぶん無事だとは思いますが・・・







    ニュースで報道されている限り、今回の地震の起きた後、

    略奪行為が起きたということは聞いていません。

    まあ、泥棒に入られたという報道は一度聞きましたが・・・

    救援物資を巡っての略奪は聞いていません。


    食料の入ったコンテナが見つかった時、その中の食料は避難所で分配されたとか。

    まあ、そのコンテナから食料を持ち出したのは、どうなのかはおいといて・・・

    独り占めや取り合いが起きることが無かったってのは当たり前のようで、凄いと思います。

    今回の地震のような状況下では被害者の方々はとても精神的に辛い想いをされているはずです。

    そういう状況になると、どうしても治安が悪化してしまうんですよね。

    どうしても、心が不安定になって、反社会的な行動に走ってしまう。

    その中でも、ちゃんと、食料を分け合える。



    これが、日本の平和の度合いを示しているんじゃないんでしょうか。



    まあ、確かに最近は物騒な事件のニュースもあります。

    でも、僕にはそんなに物騒な事件とは思えません。

    一度CNNをABCニュース(両方ともアメリカのニュース番組)を見たら分かると思います。

    日本で報道されているような事件は全く報道されていないんです。

    それは、アメリカが平和だから、じゃありません。

    そんな事件が当たり前のように起きているから、なんです。

    アメリカで報道されるような物騒な事件というと、銃乱射で10人が殺された、とか、

    遠くのアメリカの関わっている戦争とかのニュースとかぐらいしか報道されません。

    アメリカの大都市は夜間に絶対に外出するな、と以前、母がアメリカ旅行に行った時に言われたそうです。

    その理由は、かなり高い確立で強盗事件や強盗殺人事件に遭うから、です。



    まあ、日本の大都市も夜はちょっとは危ないのかもしれません。

    でも、アメリカほど酷いことはないと思います。

    大都市と言っても大阪に行っただけだから、断言できませんが・・・

    少なくとも、神戸は安全かな、と思います。

    もちろん田舎者の僕に神戸がどれほどの都市かははっきりとは分かりませんが・・・




    まあ、大体そんなことから日本は世界の中でも滅茶苦茶平和な国ってことが分かります。

    アメリカでハリケーン・カトリーナがフロリダに直撃した時は、

    警察では手に負えないほど略奪が酷かったらしいです。

    今回の震災後の状況を知って、あるアメリカ人が驚いたとか。

    大変な時こそ、皆助け合って・・・っていうのが一番難しいと思います。

    でも、それが復興への一番への道なのかもしれません。



    極限の状況下での行動こそが、そこに住む人の本当の心の表れなのかな、と思います。

    たぶん、今の悲惨な状況も皆で協力して脅威の早さで復興されるでしょう。



    66年前、都市が焼け野原となり、政府が潰れた日本も脅威の速さで復活しました。

    阪神大震災で瓦礫の山となった神戸も今では震災の影も見当たりません。

    こんな悲劇からの立ち直りの速さが日本人の強さなのかもしれませんね。








    まあ、今は被災地で素人に出来ることは皆無です。

    今の状況はプロにしかどうにもできないと思います。

    できることと言ったらもう募金に限るでしょう。








    正直、今の時期に買い溜めなんてしちゃいけないと思います。

    まず、無駄だし、本当に必要としている人に物が届かないような気がします。

    集団心理、ってやつですかね。

    あの人、皆がやっているから、自分も不安になってやっている。

    買い溜めをしている人への取材で返ってきた理由が、どうもあやふやで筋が通ってないような気がするんですよね。

    まあ、せめて買うなら防災グッズぐらいか・・・









    最後に、

    亡くなった方へのご冥福と、

    被災された方へ逸早い復興をお祈りします。
    スポンサーサイト

    コメント

    コメントの投稿

    • URL
    • コメント

    • パスワード
    • 秘密
    • 管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:http://dubblefine.blog14.fc2.com/tb.php/390-ff33a4dd
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。